角田純 / Cave

何もないところから、絵は生まれていく。

みずみずしい色彩と軽やかなタッチで2008年初夏の展示では観る者を魅了した、角田純のアブストラクト・ペインティング。
初作品集となる『Cave』では写真家・大森克己が角田の作品を新たに撮り下ろした写真を中心に構成。大森の視点が介在することによって、単なる複写ではなく、絵は生まれ変わり新たな表情を見せる。ライフワークとして過去20年の間に描き続けた作品群の中から、光の残像をキャンバスに描いた<light sculpture>、緻密な点から色鮮やかで繊細な世界を描く<Dot Painting>など、時系列で様々なシリーズを収めている。
人類が最初に絵を描いた場所である「Cave(洞窟)」。時を超えて移り変わる絵には、その時々の心のゆらぎや日々の感情が自由に描かれ、私たちはその形跡に触れた時、色と光の織り成す解放的な世界に身を委ねることだろう。

角田 純 Jun Tsunoda
1960年愛知県に生まれる。多摩美術大学卒業後、「角田純一」名義で 1980年代から広告・出版業界でアートディレクターとして活動し、グラフィックデザイナーとして高い評価を得る。2000年代半ば以降、画家としての活動を開始し、ライフワークとして描いてきた絵画作品の他、水彩や コラージュ、シルクスクリーンなど、さまざま素材を使いながら、音楽的感覚が溢れる豊かな色彩と描線を描き出す。2009年、作品集『Cave』をフォイルより刊行。2012年、川村記念美術館でのグループ展「抽象と形態:どこまでも顕れないもの」に参加。主な個展に「Dust to Dust」(2016年、 CLEAR EDITION & GALLERY)、「When it’s short distance between the moon and Mars.」(2016年、ギャラリートラックス)、「如意樹」(2010年、FOIL GALLERY)などがある。

http://www.juntsunoda.com

¥ 3,240

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうメール ②

    全国一律 460円

※10,800円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

商品の評価