灰色区域 第3号 / 朝吹亮二×花代 磯谷博史 Nerhol ミヤギフトシ Leo Pellegatta

「灰色区域」は2013年からスタートした、アーティストである花代を中心とした出版プロジェクト。

第3弾は2017年にギャラリー トラックスで開催された展示に合わせて刊行。
「灰色区域(=Gray Zone)」という指標を、グレーな領域を行き来するというテーマで解釈し、境界を越えてジャンルレスに活動する6名のアーティストたちの作品を、展示と出版物で展開。2017年、世界が変わりゆくいまを共に目撃し、ともに生きている私たち。その日常をみつめ、足元をみつめながら、アーティストは自身の肉体から発せられる作品を通して、現代におけるヴィジョンを提示。写真、映像、立体そして言葉……ひとつの表現形態に留まらない作家たちがここに集う。このタイムカプセルはいまを共有するとともに、未来へのメッセージでもある。
 
蜜のように絡みついて文字の不可解な配列になる文字の不可解な紋様になる
光を呼吸する粒子になる欲情する浴場のつまさき未だ見ぬ性愛の白と赤の口
『灰色区域 第3号』 朝吹亮二より
 
装丁:田中義久 デザイン:竹廣倫
仕様:257×182 mm/32ページ/綴じ無し/カバーあり
エディション:150
出版:小熊猫出版(Baby Panda Printing)


Baby Panda Printing(小熊猫出版)
紙に写る残像
手でめくって紡ぐお話と言うか流れ(感触や音と供に)
量産では作れないアナログ法ならではのこだわった素材
にあえて現代の印刷技術を駆使した
表現としてのオブジェクトとなるでしょう
文明の進化とともに失われつつあるもの
写真の世界でも今まさに起こっている現象であり
これは本当に進化なのか
私達は(この本の企画と装丁の田中さんと)この小冊子を連続することで
何が見えて来るのか実験したいと考えています
花代

花代 hanayo
1970年生まれ、東京とベルリンを拠点に活躍するアーティスト。写真家、芸妓、ミュージシャン、モデルなど多彩な顔を持つ。自身の日常を幻想的な色彩で切り取る写真やコラージュ、またこうした要素に音楽や立体表現を加えたインスタレーションを発表する。
hanayo.com

¥ 4,320

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 郵便360

    全国一律 360円

※10,800円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

商品の評価