Janis Crunch & haruka nakamura / 12 & 1 SONG

寒い森を抜け、あたたかな明りの灯る家に帰る――
冬の世界のための祈りの音楽。
主にシンガーとして様々な作品にゲスト参加していたJanis Crunchと、人気サウンド・クリエイターharuka nakamuraのふたりによるコラボレーション。タイトル曲13「12 & 1 song」は、毎年クリスマスの時期にだけネットで公開されていた楽曲。そこから発展したこのアルバムは、冬の季節に少しずつ録音され、じっくりと作り上げられたもの。アルバムが持つ空気感そのものも、身を寄せ合うようなぬくもりを持ったものであり、寒い季節に、心の帰る場所を求める気持ちが結晶となって現れた、そんな音楽となっています。ARAKI Shinがフルートでゲスト参加(10)。マスタリングはHelios / Goldmund名義で活躍するKeith Kenniffが担当しています。

haruka nakamura
音楽家/青森出身 
代表作はnujabesと共作した「lamp」、奥山由之がMV監督を手掛けた「arne」など。原田郁子の呼びかけにより、吉祥寺キチムにて写真展を行い、mindyがアートワークを施した写真集「∞」を発表。坂本美雨、畠山美由紀、まじ娘、Aimerなどの楽曲やライブをプロデュース。MVのディレクション、remixなども手掛ける。NHK BSプレミアム「ガウディの遺言」のテーマソング、音楽を担当。NHK「星野道夫 旅をする本の物語」へ音楽提供。 杉本博司「江之浦測候所」の映像音楽を制作し、Casa BRUTUSのHPにて公開。自身の楽曲が原題となり劇伴も務めた映画「every day」が公開。アパレルブランドevam evaとのコラボレーションでは長年に渡り展示演奏会を重ね、オリジナルアルバム「ゆくさき」を発表。tamaki niimeなどともコラボレーションを行う。CITIZEN、SONY、BOTANIST、TOYOTA、直島美術館などCM作品を手掛ける。ミロコマチコのライブペインティング、柴田元幸の朗読など他業種で活躍する表現者とのセッションも。そして青木隼人、内田輝との「FOLKLORE」で、全国を渡る旅を続けている。
harukanakamura.com

Janis Crunch
熊本県菊池市生まれ。歌い手、作曲家、ピアニスト。
幼少期の頃、地元の童謡祭で入賞したのをきっかけに歌を志し、小学生の頃からイタリア歌曲などを学ぶ。
同時期にピアノも習い出す。音大では声楽を専攻で学びつつ、在学中から独学で合唱曲の編曲や作曲活動を始める。
今までに ピアノ・ソロアルバム『I just love the piano』、 haruka nakamura との冬をテーマとしたアルバム『12&1song』をリリース。
近年ではPARCOのCM音楽制作、資生堂ベネフィークのキャンペーンソング『Bを探しに』なども手がける。
また、2016年末に放送された皇室特番「皇室スペシャル2016 -新時代-」では、テーマソング『日いづる明日』を制作しシングルとしてもリリースするなど、活動の幅をメディアへも広げている。
janiscrunchmusik.com

¥ 2,571

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円

※10,800円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

商品の評価