メオトパンドラ / 写真:キッチンミノル 詩:桑原滝弥

写真家・キッチンミノルが雑誌『AERA』での人気連載「はたらく夫婦カンケイ」で撮影した写真の中から選出した100組の夫婦の写真と、自身も被写体となった詩人・桑原滝弥が書き下ろした100節の詩を1冊の本に纏めたもの。100組100様の夫婦関係が滲み出るキッチンミノルの写真と、その写真に呼応する桑原の詩。一つとして同じかたちのない「夫婦」という被写体を捉えた二人の作品は、夫婦関係にとどまらず、人間の本性を浮かび上がらせる。人間の哀しさや美しさを感じられる濃密な1冊。


キッチンミノル / 写真家
1979年アメリカ合衆国テキサス州生まれ。18歳の時に噺家を目指すも挫折し、浪人して法政大学に入学する。カメラ部に入部。キッチンミノルを襲名する。卒業後は不動産販売会社に就職し、その年に 宅地建物取引主任者資格を取得する。2005年、写真家・杵島隆に作品を褒められ、すっかりその気になって脱サラ。写真家になる。雑誌や広告で人物や料理 を中心に活動中。また、ワークショップ『MASK』をファッションブランド「STORE」と組んで全国各地で開催している。写真集に『多摩川な人々』(ミルブックス)や『春風亭一之輔~欧州篇~』(テキサスブックセラーズ)など。著書に『フィルムカメラの教科書』(雷鳥社)がある。


桑原滝弥 Takiya Kuwahara / 詩人
1971年三重生まれ。演劇・音楽・パフォーマンス活動を経て、詩作を開始。処女作「えりなのプロフィール」は、新潮文庫『あなたにあいたくて生まれてきた詩/宗左近・選』に収録。以降、「あらゆる時空を“詩”つづける」をモットーに、紙誌、舞台、映像等、様々な媒体で作品を発表。詩人・谷川俊太郎との競演イベント『俊読』や、 言の葉Tシャツの製作などの企画も多数手掛ける。海外での活動や、妻の講談師・神田京子との詩芸ライヴ、他ジャンルとのコラボレーションも積極的に展開。 東日本大震災被災地の歌「たしかなる風~ふるさと久之浜~」を作詞(作曲・谷川賢作)。著書に『花火焼』(にこにこ出版)ほか。

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうメール ②

    全国一律 460円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。