ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス

スイスの巨匠・フィッシュリとヴァイス。
1970年代後半から活躍する彼らは、映像や写真、インスタレーション等のさまざまなメディアを使いながら、ありふれた日常の光景をユーモラスかつ思想的な視点で捉え、世界中から注目を集めている。金沢 21世紀美術館で開催中の彼らのアジアで初めての大規模展に伴う、日本初の作品集を出版。
ガラクタからガラクタへ、綿密な計算から生まれる連鎖反応が織りなす映像作品《事の次第》、ネズミとクマの被りものを着た彼ら自身が、社会システムの不条理を問う映画作品、また「ソーセージ・シリーズ」や「均衡」シリーズなど、タイトルを添えることで作品に想定外の物語性を感じさせるのも彼らの魅力。
日常に潜む危うさを捉える皮肉とユーモアあふれるまなざし、そして絶えず柔軟な発想と新しい想像に満ちた存在は、日本にも多くのファンを持っている。彼らの制作活動に精通した三氏によるテキストも掲載し、イマジネーションの迷宮ともいえる彼らの作品世界を十二分に堪能できる一冊。


ペーター・フィッシュリ / Peter Fischli(1952-)
ダヴィッド・ヴァイス / David Weiss(1946-)
ともにチューリヒ生まれ、同地在住。1979年より共同で制作を始め、以降、様々なメディアを柔軟に操り、「日常」をテーマに共同制作を続けている。2003年ヴェネチア・ビエンナーレで発表した《無題(質問)》で金獅子賞受賞。日本では2008年の「横浜トリエンナーレ2008」、2009年の「ヴィデオを待ちながら」(東京国立近代美術館)などで作品を発表。2010年にアジア初の個展を金沢21世紀美術館で開催。

¥ 2,592

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうメール ②

    全国一律 460円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。