近藤恵介 / 12ヶ月のための絵画

「12ヶ月のための絵画」とは、近藤恵介が2013年9月からはじめた12ヶ月連続で新作を発表するプロジェクト。日本画の主題にある「月次絵(つきなみえ)」に倣い、ひと月に1点(組)の作品を制作し、展示した。新作とともに12人の執筆者が近藤恵介や作品についての多彩なテキストを添え、様々な視点を介入させたのもこのプロジェクトの特徴。
プロジェクトを辿る本書は、あえて展覧会という形を選ばずに発表された12作品と12本のテキストが対をなし構成されている。
「日々絵を描いているとそういう生活のなかからでしか見出し得ない感覚を知ることになる。知らなかったことを知る。絵画の立場でものを考えるようになったり、日々の営みの間に筆致が入り込んできたり、昨日みた他人の絵の続きを自分が描いているような気がしたり、ついさっき人と話した内容が色と形に姿を変えて画面のうえに定着したりと、絵画と日常がない交ぜになってゆく。絵具が乾いていない状態の絵を持ち運ぶと絵具が手についたり、壁についたり、人の服についたり、逆にその服の繊維が画面にひっついたり、宙に舞っていた埃が絵具に紛れ込んでしまうように。近藤恵介」

近藤恵介 Keisuke kondo
1981年福岡県生まれ。2007年東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。東京都在住。日本画の技法を用い、やまと絵にみられる構図法である吹抜屋台などから引用された建築的な構図の中に、植木鉢やコップなど身の回りにあるものをひとつずつ精密な描写で画面に並置していく絵画を制作。近年では、小説家の古川日出男、美術家の冨井大裕などと、近藤の絵画の余白をつかった恊働制作も行う。
http://www.kondokeisuke.com/

¥ 1,620

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。