La Collection gastronomigue / 田中麻記子

ファンタジーと現実の狭間にある世界を、シャープペンシルや鉛筆、水彩やパステル、版画などのあらゆる手法で描いている現代アーティスト、田中麻記子の初の作品集「La Collection gastronomigue(ラ・コレクション・ガストロノミーク)」。
パリへ越して間もなく、街で見かける様々な表情の女性たちに触発され、日課として1日1枚、ポートレイトを描きはじめ、次第にそれらは 「顔」から身のまわりにある「オブジェ」へ、そして、陶器を描いた作品にスープが加わったことをきっかけに「食べ物」のシリーズへと変化した。異文化の入り交じるパリに暮らすからこそ出合う魅惑的な食材や料理。そこから溢れ出るイマジネーションで、今でも飽くことなく日々描き続けている。お皿の上で踊る女の子たち、表情豊かな多国籍の女性たち。そのどちらもが、気ままで美しく、おおらかに展開される愛らしい一冊となっている。

田中麻記子 Makiko Tanaka

1975年東京生まれ、現在フランス在住。
2013年文化庁派遣在外研修員として渡仏。第12回 岡本太郎芸術賞に入選。これまでに国内外での展覧会多数。
http://www.tanakamakiko.com

¥ 2,376

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうメール ②

    全国一律 460円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。